カテゴリー:ブログ

「家が片付かない…。」「なんだかスッキリしない!」

日々、そう感じられる方も多いのではないでしょうか。

 

今日は、新築、リフォームの際に収納スペースはどのように考えたらよいか、について参考にお伝えします。 

 

目安となる計算、収納率という考え方があります。

これは、延床面積に対する収納の割合を示し、戸建て住宅では1012%が目安です。具体的に計算すると、4人家族で延床面積35坪の家(910モジュール)であれば、7帖~8.4帖が収納スペースとなります。

ですが、この収納率はあくまで目安であり、実際は今お住まいの家の荷物の量を目安に+ゆとり分のスペースでご提案しています。

また、生活導線を想像して必要なところに必要な収納をつくることがとても大切です。

使うところにつくることが使いやすく、スッキリ片付く間取りのポイントになります。

 

あたりまえのことのようですが、生活導線をイメージしづらいかもしれませんね。

例えば、上福原モデルハウスの収納を少し紹介しますと、

脱衣所にはお風呂上りに使うタオルやお子さまのパジャマや下着をしまう収納があり、お母さんはお風呂上りのお子さんのお世話がスムーズにできます。また、玄関には脱いだコートをすぐにかけておける収納があり、部屋までコートを持ち込むことなく片付きます。

どちらもお客さまにとても好評ですので、ぜひ参考にしてみてください。


アート建工の住まいづくりは、これらのポイントをおさえた収納スペースの考え方で、お客さまごとに柔軟に対応させていただいております。

モデルハウスや見学会での見どころポイントの一つに加えてみてくださいね。